ブラウンシェーバーについて | シリーズ3 3020s-B

大学に行く息子の巣立ちに伴い、オヤジから何か餞別を!と思ってひげそりを贈ることにしました。

“男の身だしなみ”だしね。

「シェーバーはブラウン」と生まれたときから決めているのでメーカーの選択には困らなかったけれど、

機種は、3シリーズの3020sに狙いを定めました。

ところが、メーカーのホームページを見ると、

3020s-Bと3020s-B-P1との2つが載っており、ページの細部まで舐めるように見てもナニがドノヨウに違うのかわからない。

Amazonや他の通販サイトを見ても、値段は違えど、機能の違いがわからない。

きっと、型番の長くて高い方は「袋付き」とか「鼻毛切り付き」なんだろうなぁと思って調べてみてもナニがドノヨウに違うのかわからないので、思い切ってメーカーに問い合わせてみることにしました。

私「3020s-Bと3020s-B-P1」の違いは何ですか?

ブラウン「2018年7月に型番変更があり、どちらの商品も同じ物です」

聞いてみるモノです。カンタンに解決しました。

ついでに、ちょっとかっこよくて気になっていた白い3020s-Bについて聞いてみました。

hoshi3mall_20180901173919-01489

ブラウン シリーズ3 3020s-W ホワイト(量販店モデル)

私「ホームページに載っている白いモデルは何でしょうか」

ブラウン「そちらは、3020sのヤマダ電機さんオリジナルカラーでございます」

なるほど、こちらも解決しました。

ついでに、Amazonで見かけた、ちょいとお安い3010sという商品についても聞いてみました。

私「Amazon限定の3010sは、3020sとどこが違うのですか?」

ブラウン「3010sは、キワゾリ刃がついていないモデルでございます。さらに充電式のみのご使用となります」

これは危ないところでした。ちょっとお安いので機能が同じならコレ!と思っていたのですが、

キワゾリ刃の有無はいいとして、充電コンセントを刺しっぱなしにしてシェーバーが動かない「充電式」は、ワタシ的に致命的です。

この先長いブラウン生活において、たとえ内蔵充電池が力尽きようとも、コンセントに繋いで長く使ってこそ、正真正銘のブラウン派ではないでしょうか。

 

問い合わせも終了し、満足感に浸ったワタシは心地よく3020s-Bを購入したのでした。

 

この問い合わせは、ホームページや通販サイトからは答えを見つけることが出来なかった情報でした。

同じ疑問にぶち当たっている人に少しでもお役に立てたら幸いです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です