アオリイカ

矢のように過ぎ去った7月を思い返してみると、日々の出来事を書き下ろす時間がまったく取れない状況に忙殺される中、毎週イカ釣りにだけは出かけておりました・・・と言い訳してみる(笑)

実はイカの場合は家族を省みなくても少しだけ救いがあり、獲ってきた獲物が食材として1級品であることと下ごしらえが簡単なのでカミさんに捌く負担を強いなくても済むということで、これはOPAL HEAD のurauraさんも言っていたのだけれど、「他の釣りじゃそうはいかないけどイカの場合は「いってらっしゃい!」と比較的簡単に家を出してもらいやすいんだよね~~」というイカ効果を期待しての毎週釣行でした。

イケスの中を泳ぐアオリイカは撮るのがムズカシイ。
2007-08-05-02.jpg

一度行って数日は「もう満足」と心が落ち着いているのですが、休みの日を前に凪の情報が舞い込むとすべての予定をキャンセルしてまでもレンタルボートを予約してしまうという典型的な盲目夢中状態。家族との旅行をキャンセルして、家族のいるビーチのとなりの港からこっそり船を出すという暴挙にまで出る始末なので、当分この熱は冷めることはなさそうな勢いです。

そ、今ボクが夢中なのは、レンタルボート自己操船によるボートからのキャストアオリ。

さて肝心の釣果の方は一番釣れたときの様子をOPAL HEAD上でurauraさんが書いてくれているので省きますが、食材としては一枚一枚丁寧にラップでくるんで冷凍してあるので、爆釣が始まる秋口までは不自由しなさそう。

今夜も1枚解凍して、美味しいビールとともにいただきますか。

2007-08-05-01.jpg

5 comments on “アオリイカ

  1. それで良し(笑)
    ホント、楽しみにしてまっせ~。

  2. Novさん、大漁じゃないですか!
    味、良し…..開いて冷凍しておけば好きなときにいつでも美味しく頂ける酒飲みにとっては
    最高のアテですよね。
    その大人気のイカ釣りですが、こちら大分では毎年残念ながらその時期になると
    地元民との対立(ゴミ問題・マナーの欠如)が激しくなっているといった
    悲しい現実があります。ボランティア活動による清掃活動で理解を求めてますが
    まだこの釣りがメジャーじゃなかった10数年前は決してそんなことはなく
    気さくな地元民と釣りをしながら話をよくしたもんです。
    ボートゲームならそんなことはないでしょうが、こういった事例も有りますんで
    ボクとしては全国の釣り場がこうならないように願いたいもんです。
    ちょっと話が固くなっちゃいましたね。スミマセン^^;

  3. ふふふ、コメントありがとうございます。
    今度、ぜひ勝負しましょう。
    絶対負けま・・・・・すから。

  4. とっても催促された気がして頑張っちゃいました。
    そろそろカブトムシが少なくなっちゃったんですが・・・

  5. 固くない、固くない。
    全国的に、んな状況になりつつあるのはアングラー自身の責任です。な。
    モラルのしっかりしている諸子には申し訳ないんだけど、ダメダメな人が多すぎるのがフィールドの現状。
    どうしてもプラスマイナス「ぜろ」にはならないけれど、それに近づけるように運動をしていかなければ地元の理解は得られないよね。
    ところで釣りすぎたら引き受けるから安心して釣ってね。
    東京には食いしん坊が多いから(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です