ホタルイカ

毎年この時期になると、新潟や石川の海岸にホタルイカが接岸する。
渚にうち寄せる青い光はなんとも幻想的でたとえて言うなら海の中のアマノガワ。
見ているだけでも心が和み、小さな命への敬意とその光への感動をあらわさずにはいられないという。
それがココ最近は、どこもかしこも投光器でガンガン照らし、集まるホタルイカを一網打尽にするホタルイカ好き好き人間が増えているのだとか。
どっちがいいとか言えないけれど、ワタシは食べるのが好きなのでそんなガンガンな方々に捕獲をお願いしている。
確か去年は捕れたホタルイカを発砲スチロールに入れて、そこに周りの雪を詰めて送ってくれた。
ん~~いいですねぇ。
ここ東京のスーパーではそのほとんどがボイルしてあるので、ナマで食べる機会はそう、無い。
10匹に1匹はムシがいるとか。そのムシはアニサキスといって、胃袋を内側から食い破るエイリアンみたいな奴。
キーーーっ!(映画:エイリアン参照)
って、感じですわ。
でも、去年ナマで何十匹も食べたけど、何にも出てこなかったぞ。
今年もホタルイカの時期。
某掲示板は盛り上がってますぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です